転売・せどり「いま、最も簡単に成果を出しやすいネットビジネス」。そう言われているのが『せどり』です。具体的には、古本や中古のCD,DVDなどを安く買い、転売することによって利益を得ること。

レア度の高い本をBOOKOFFなどで安く仕入れ、その価値相応の値段でネットにて売るのです。この『せどり』だけで、中にはひと月で数百万円を稼ぐ人もいるとか!では、この成果を出しやすい『せどり』を始めるには…?4ステップでお伝えします。

 

 

▼ステップ1:商品を安く仕入れよう。

BOOKOFF・転売まずはBOOKOFFなどへGO!スマホ等で商品情報や相場値を調べながら、本やCD、DVDを品定めします。狙い目は、数に限りがあるもの。そんな需要が少なくて濃いファンのいる商品が、高く売れる傾向にあります。でも、そんなレアな商品がなぜBOOKOFF等では安く買えるのでしょう…?

それは店舗型のビジネスは広い層を顧客としており、ニッチな商品を買いに来る人は少ないため。レア度の高いものも定価の半額くらいで売った方が効率的だそうです。

品定めに自信がない方やガチで稼ぎたい!という方は、「せどりすと」「せどり風神」など、便利なスマホアプリがおすすめ。バーコードを読みとるだけで最安値や利益などを表示してくれるなど、精度の高い情報を手にできます。稼ぐためには、情報収集が不可欠!良い情報を賢く仕入れましょう。

▼ステップ2:ネット上に出店しよう。

次に必要なのは、仕入れた商品を売る場所。Amazonマーケットプライスやヤフオク!、楽天オークションなどでアカウントを作成します。

以下は代表的なサービスの特徴です。(※いづれも記事作成時のもの/2016年1月

AmazonマーケットプレイスAmazonマーケットプレイス

  • 登録料:無料
  • 成約手数料:販売手数料…書籍だと売価の15%、売買成約料…1件あたり100円
    ※大口出品者契約(月額4900円)あり⇒月50品以上の販売が見込める場合はオトク!

 

 

ヤフオク!ヤフオク!

  • 登録料:月額490円(Yahoo!プレミアム会員費)
  • 成約手数料:
    送料負担が出品者の場合、落札価格の5.4%
    送料負担が落札者で、1000円以上のオークションの場合、落札価格の5.4%
    送料負担が落札者で、999円以下のオークションの場合、落札価格の54円
  • 【スマホ版】iPhoneアプリAndroidアプリ
    【タブレット版】iPadアプリAndroidアプリ

fm-app02楽天オークション

  • 登録料:0円
    成約手数料:システム手数料…落札価格の5.4%、ポイント付与料…落札価格の1.08%

iPhoneアプリAndroidアプリ

 

この3つの中で多くのせどり業者がイチオシするのが、世界最大電子マーケットプライスを持つAmazon。利用者数が非常に多く、さらに信頼度も高いのがポイントです。単純なところで1つ例を挙げれば、ヤフオク!や楽天オークションなどは個人間の取引のイメージが強いのに対し、Amazonなら「◎◎書店」というような名前で出店できるため、本の専門店というイメージを消費者に持ってもらいやすく、それが購買に繋がるのです。

…というワケで、次のステップ以降はAmazonマーケットプレイスを中心に見ていきましょう。

▼ステップ3:仕入れた商品を出品しよう。

仕入れた商品を出品ここで大切なのは、価格設定。これがビジネスの明暗を分けると言っても過言ではありません。ポイントは、最安値から2~3番手の値段をつけること。上から順番に売れていくので、放っておいても次第に自分の順番が回ってくるというワケです。

また、1円単位の差で「売れる」「売れない」が決まるという、ネットビジネスならではの特徴も覚えておくべし。

定期的にサイトをチェックしながら、こまめに価格の見直しを行いましょう。

 

▼ステップ4:商品を確実に購入者の元へ。

商品を確実に購入者の元へそして、商品が売れた後も気を抜くことなく!配送も重要なポイントです。取引相手の顔が見えないネットビジネスは、商品の良さはもちろん、顧客からの評価や信頼がかなり重要。そのため、綺麗なパッキングや早急な配送が鉄板です。

「面倒だなぁ…」なんて方は、Amazonが在庫管理から発送までを代理で行ってくれるサービス「FBA」を利用するのも手!管理費が必要になりますが、抜け漏れがなくなるだけでなく、通常のAmazonの配送と同様に翌日配送で対応してもらえるので、売れやすさもグッとUPします!

いかがでしたか?古本屋では1冊350円程度で売られていた漫画が、6巻セットで約1~2万5000円で売れるなど、利益率が高いのが『せどり』の魅力。今や、スグに成果に繋がるアプリやサービスが多数あるので、うまく活用しながらチャレンジしてみてください!

Pocket